賃貸アパートを借りたけれど、床がボロボロなので張替えしたい!

そんな時は、DIY向けのフローリング【リノーバタイル】を使って、自分で張り替えることを検討してみてはいかがでしょうか。

 

自分で施工できるから格安のフローリング!

フローリング6畳分の値段比較をしてみると、

「リノーバタイルの場合」 7,128円(税込)×7ケースで、49,896円(税込)~

※オープニングキャンペーンで、通常1ケース9,800円の商品が今だと6,600円(税抜)です。

「業社さんに依頼した場合」

(例:A社の場合)材料費+工事費込で、92,800円(税込)~

リノーバタイルだと業社に頼むより、約半分の格安の金額で、フローリングのDIYができちゃいます!

しかも、作業工程もとても簡単で、接着剤で貼ることもないので、時間も短時間で、大家さんの許可もなくて済みます。

 

施工は簡単!専用のカッターを使えば、女性でも楽々カット!

~作業工程~

タイルと床の幅に合わせて、フローリングをカッターでカットして、敷き詰めて、浮いていることをハンマーで抑える、というだけです。簡単!

ちなみに、カッターで溝を作ると、綺麗に、力をかけずにパキンと折れてカットできます。

作業に必要なカッターは、アクリルカッターを使えば、簡単に施工できちゃいます。

アクリルカッターはホームセンターなどで、すぐに手に入ります。

ちなみにネットショップでも、500円ちょっとで買えちゃいます(^^♪

重たい工具も必要なく、格安でDIYできちゃうのも魅力的ですね。

 

【事例】6畳間を張り替える場合の必要ケース数について

リノーバタイルは1ケースに1.79㎡分のタイルが8枚入っています。

お部屋の内の面積×1.15÷1.79(小数点繰り上げ)で出た数字が注文ケース数の目安です。

「6畳間のフローリングを張り替える場合」 1畳は1.62㎡なので、 6畳×1.62㎡×1.15÷1.79=6.244… 小数点繰り上げると7なので、「7ケース」が必要となります。

この計算方法をもとに、考えているお部屋の必要ケースを、出してみてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

賃貸アパートだけど、お洒落なお部屋にDIYしたい!だけど大家さんの許可が!

お金が!作業する時間もあまりない!

そんな方には、接着剤なしで切ってはめるだけの、リノーバタイルをオススメします。

大家さんの許可もなく、業者に頼む約半額の格安な金額で、短時間に簡単に素敵なフローリングのお部屋に変身できちゃいますよ(^^)/”

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします