フローリングのDIYを行う際に、費用はどの程度かかるのでしょうか?

当然フローリングは、樹脂性のタイプや、無垢のタイプまでありますので、選ぶ商品によってピンキリです。

いったいどの程度の予算がかかるのか、把握しておきましょう。

1.フローリング自体の費用

まずは、フローリング自体の費用があります。

単価はピンキリなので、樹脂製の安いものなら1平米2000円〜木製フローリングの場合は1平米で1〜2万円かかる場合もございます。

中でも、無垢のフローリングはとってもお高いです。

木材特有の味が出るように塗装されているような商品の場合は、6畳間で10万〜15万くらいかかります。

2.フローリングの下準備にかかる費用

例えば、畳を剥がしてフローリングを施工する場合、フローリングを貼るまでの下準備にも費用がかかります。

木材を準備し、格子状に枠をつらなければなりません。

内装工務店に依頼すれば、下地の準備からお願いできますが、ご自分で作業する場合は、木材を購入し、枠を作り、固定し、断熱材を入れ、、という作業が待っています。

出典:ホームルームカフェさま

3.職人さんにかかる費用(依頼した場合)

1、2の材料代以外に職人さんの費用がかかります。

一般的に、1日拘束すると2〜3万円は最低かかります。

プラスして交通費なども追加されます。

4.電動道具代

電動丸ノコや、インパクトなどの電動工具を買うと、それだけで2〜3万円かかってしまいます。

また、超音波カッターもあるととても便利ですね。およそ4万円ほどかかります。

これらの道具は、ずっとDIYをする方にとっては、必要なグッズなので、時期をみて購入しても良いかもしれませんね。

 

材料代にも利益が乗っかりますので、ちょっとこだわって和室を洋室に変える場合だと

15〜20万程度はかかると思います。

これが高い!と思うか、安いと思うかは個人の主観もあると思いますが、ご自分で全部作業した場合は10万円前後で済むかもしれません。

無垢は失敗が聞きませんので、安く済ませたい方は、「リノーバタイル」をオススメします。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?

フローリングの張り替えの費用ですが、状況や商品によって値段は変わりますが

6畳間でおよそ20万程度みておいたほうが良いと思います^^

無垢の場合は失敗が許されないほど、商品代がお高いので、DIYに慣れていない方は職人さんに依頼することをオススメします。

 

フローリングDIY通販本店

 

◼︎こちらの記事もオススメです

→【賃貸物件のキッチンの床をDIYするならリノーバタイル

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします