床の劣化が気になりフローリングのリフォームをお考えの方、新築マンションに引っ越ししたけど床に傷つけたくない方などマンションにお住いの方のフローリングの張替えもDIYで簡単に施工できるリノーバタイルをお勧めします。

マンションのフローリングにする際は重ね張り工法がおすすめ

年数が経つにつれて、どうしても気になってくるのがフローリングの劣化。痛みや日焼け、ワックスによるべたつきなどが出てきて、フローリングの張替えを検討していませんか?
フローリングの張替えには、大きく分けて2種類あります。
1つ目は、既存のフローリングをはがして新しいものに張替える「張替え工法」。場合によってはフローリングの下地や土台も張替えます。
2つ目は、「重ね張り工法」。こちらは、既存のフローリングの上から新しいフローリングを張る方法です。既存のフローリングの下地などに問題がない場合や、新築マンションの床を傷つけたくない場合はこちらの重ね張り工法の方が、費用が安く、工事期間も短いのでおすすめです!

マンションのフローリングリフォームの相場は?

マンションのフローリングの張替えにかかる費用は、もとの床の状態や面積、張替え方法などによって大きく変わるため一概には言えませんが、一部の例を見てみると、張替え工法による張替えで6帖12万~13万程度が相場のようです(合板フローリングの場合)。
張替え工法ではなく、重ね張り工法で行うことで、少し費用が抑えられるようですが、6帖でこの費用ということで、マンション全体のフローリング張替えとなったら50万円以上の出費となってしまいそうですね。

費用も安く簡単にDIYできるリノーバタイル

そこで、費用をおさえたい方におすすめなのが「リノーバタイル」。カットして敷き詰めるだけの簡単DIYフローリングです!これなら費用をぐっとおさえられるうえ、何回も業者さんに来てもらうことなくご自身のペースで作業できますよ。
傷んできたフローリングだけでなく、新築マンションのキズ防止にも。防音・防火性にも優れているので、マンションにぴったりのフローリングなのです。
いままでのフローリングのカラーとは違うカラーを敷いて、お部屋の雰囲気を変えてみても楽しいかもしれません。

まとめ

フローリングの張替え工事って、費用も、家具の移動の手間も気になってなかなか業者さんに頼むのは勇気がいりますよね。
DIYでフローリングの張替えと聞くと難しそうな感じがしますが、カットして敷き詰めていくだけなので、DIY初心者の方や女性でもできちゃいます!
用意するものもPカッター(アクリル板などをカットするためのカッター)、ハンマー、アルミ定規など、手に入りやすいものなので、ぜひDIYで素敵にお部屋を変身させてみてはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします