和室からフローリングに変えるとなると、一般的には畳を剥がして、フローリングと畳の厚さ分の底上げをする下地を作らなければなりません。

また、ゆかにボンドを塗り、フローリングを貼って、タッカーで留めて・・・。

と、床材の施工の中でも難易度の高いのがフローリングです。

木製のフローリングは高額なので、無垢のフローリングの場合は1平米1万円近くかかってしまいます。

そこで、今回おすすめなのが、樹脂製のフローリング「リノーバタイル」です。

1.賃貸物件でも重ね貼りができます

新しい部屋に引っ越してきたけれど、経年劣化でどうしても床材が気に入らない、汚い、というケースがあります。

もちろん、賃貸物件の場合は大家さんに許可をとらなければならないので、面倒です。

現状復帰するにも、ボンドやビスで留めたのでは、穴が開いたり、ボンドの跡が残ってしまいます。

 

そんな手間が一切不要なのが、簡単にフローリングに変えることができるDIY向けのフローリングの「リノーバタイル」です。

なんと、カットして、置くだけなんです!

カット自体も、アクリルカッターを使えば、電動丸ノコは不要です。

定規・カッター・Pカッターの3つがあればカットする作業ができます。

カットしたタイルをどんどん敷き詰めていきます。

賃貸物件もオシャレにしたい!という方にとってはオススメのアイテムです。

2.畳の上からでも施工できます

リノーバタイルは、畳の上からでも施工することができます。

はめ込み式なので、畳がフワフワ浮き沈みする場合は、下地として1枚ベニヤを敷くなどすると、施工がしゃすくなります。

釘やビス、接着剤など一切不要で施工ができますので、難しい作業がありません。

はじめてDIYで施工をする女性でも、簡単に作業ができます。

3.貼り方の手順

リノーバタイルの貼り方については、別ページにまとめてございます。

 

タイルを一枚一枚置いて繋げていき、小さな部分はカッターでカットできるので簡単です!

 

施工事例 K様邸 東京都(御自身でDIYリフォーム)

お部屋ごとにお色を変えることができますので、新築で床を傷つけたくない方や、

お部屋のイメージを変えたい方などにはオススメです!

ビフォー

アフター

まとめ

いかがでしたでしょうか。

和室の畳の上からでも施工ができるリノーバタイルはお部屋をご希望のスタイルに変えることができます。

賃貸物件の床の張り替えを検討している方には、特にオススメの商品です。

無料サンプルもご提供しておりますので、ご希望の方はホームページからお申し込みください。

よろしくお願いいたします!

 

フローリングDIY通販本店

 

◼︎こちらの記事もオススメです

→【賃貸物件のキッチンの床をDIYするならリノーバタイル

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします