置くだけで施工ができる、フロアタイル

和室をフローリングに張り替えたり、賃貸物件などの一時的に和室に変えたい時に役立ちます。

接着剤不要なので現状復帰が簡単です!

メリット・デメリットを把握して、有効活用しましょう。

1.置くだけのフローリングのメリット・デメリット

1-1.フロアタイルのメリット

フローリングのフロアタイルは、無垢のフローリングと比べると、お安い商品が多いです。

商品によりますが、半値以下、1/3以下など、リースナブルにリフォームをしたい時に役立ちます。

また、接着剤不要で施工できるタイプは、現状復帰する時に「剥がすだけ」なので、メリットが大きいです。

(大家さんに確認したり、現状復帰の工事をするのは手間ですからね、、。)

 

「置くだけ」という手間の少なさも魅力です^^

1-2.デメリット

本格的な床材は、接着剤、無垢のフローリングは専用の釘打ちをしてズレが起きないように、しっかり固定します。

また、木材独特の風合いや、触り心地、という面では、本物の木材には劣ってしまいます。

2.商品選びで注意するポイント

フロアタイル選びで、忘れてはいけないのが「防水性」と「耐熱性」です。

 

タイルを置いた後にはめ込みで留めるタイプが多いですが、

耐水仕様でないとジョイント部分から水漏れする可能性があります。

水回りで使用する場合、ジョイント部分から水漏れが起きて、タイルの下がカビてしまう可能性があります。

 

また、フロアタイルは熱によって伸縮しますので、床暖房をお使いの場合はタイル同士が突き上げを起こしてしまう可能性がございます。

夏・冬の寒暖差によっても、同じような現象が起きる可能性がありますので、耐熱仕様であるかどうかを必ず確認しましょう。

3.接着剤不要のフロアタイル「リノーバタイル」の特徴

当社で取り扱っている「リノーバタイル」は、高機能なフロアタイルです。

ガラス繊維層が入っている耐熱仕様で、

且つ、ジョイント部分から水漏れしない「防水」仕様の商品です。

 

✔︎ これから賃貸アパート暮らしを始めるけれど、床を張り替えたい!

✔︎ 洋室のフローリングを新しくしたいけれど、剥がすのが大変だし、職人に頼むと工事費が高額!

フローリングのDIY初心者でも施工することができますので、おすすめです^^

 

納品地域や、ご注文時期・時間にもよりますが、約1週間ほどでお手元に届けることができます。

また、サンプルのご依頼も承っておりますので、本注文の前に色味を確認した上でご依頼いただくことができます。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?

床のリフォームは、間違えてやり直すのが非常に大変なので、一度プロにご相談ください。

また、当社で扱っている糊・ボンドを使わないフローリング「リノーバタイル」をお使いになることで、

置くだけで本格的な床の施工をすることができます。

どうぞお試しください^^

 

フローリングDIY通販本店

 

◼︎こちらの記事もオススメです

→【賃貸物件のキッチンの床をDIYするならリノーバタイル

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします