賃貸物件の内装は、あらかじめ決まっているので選ぶことができません。

大家さんとの契約上、勝手に床を張り替えることはできませんので非常に悩ましいですよね。

そんな時は、接着剤なしで施工ができる床材をご検討してみてはいかがでしょうか?

1.床を元に戻す時に楽!接着剤を使わない床材!

賃貸物件の床を白に変えたいけれど、張り替えてしまったら元に戻すのが大変です。

接着剤を使ってしまうと、退去時に剥がすことも考えなければいけません。

 

このように、賃貸物件でかんがえなけれなならないポイントが「現状復帰」です。

勝手に施工をしてしまい元に戻せないと、現状復帰をするために追加で料金が発生する可能性があります。

糊やボンド、粘着テープなどを一切使用せずに、床の張り替えができるフローリングが「リノーバタイル」です。

2.施工が簡単で初心者でもDIYできる

リノーバタイルは、はめ込み式のフローリングなので、ご自身でDIYで施工することができます。

必要な道具としては、、

・アクリルカッター

・カッター

・ペン

・定規

・ハンマー

があれば、リノーバタイルの施工ができてしまいます。

大型の機械を揃える必要がなく、施工が簡単です。

フローリングを希望の大きさにカットして、はめ込みするだけです。

DIY慣れしているか、によっても変わりますが、

初めてリノーバタイルのDIYをする女性でも4畳半スペースを約3時間で貼ることができました。

3.白系のカラー(ホワイトオーク)もご用意しています

白系の材のホワイトオークをご用意していますので、白系のお色をお探しの方にはおすすめです。

ホワイトオーク色

ビフォー

アフター

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

賃貸物件の床をに変えたい方は、DIYで重ね貼りできるフローリング「リノーバタイル」をご検討ください。

無料で色見本をお出ししていますので、ご希望の方はお問い合わせください。

 

フローリングDIY通販本店

 

◼︎こちらの記事もオススメです

→【賃貸物件のキッチンの床をDIYするならリノーバタイル

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします