部屋の壁紙、床、カーテン、カーペットなど、

内装のDIYを行う際に注意するべき、3つのポイントをご紹介させていただきます。

とっても基本的なポイントなので、必ず抑えておきましょう。

1.お部屋の寸法をしっかり測ること

DIYをする前の準備として、とても基本的なことですが、まずは、寸法をきっちり測りましょう。

必要な材料が、何枚、何ケース、何メートル必要なのか?調べるために、スケールで計りましょう。

 

計測することで、予備がどの程度あれば良いか読みやすくなりますし、ロスも少なくて済みます。

お部屋の角や、窓周りなどは、図を書きながら計測しましょう。

2.完成イメージを作成しましょう

完成したイメージを見える化してまとめておきましょう。

もし、材料をホームセンターなどで購入する場合に、イメージが伝われば必要な材料がどれくらい必要か伝えることができます。

DIYに詳しい人に相談する時にも、注意点について有効なアドバイスをいただけることもあるでしょう。

3.DIYに詳しい人に相談しよう!

周りにDIYに詳しい人がいたら、積極的に相談しましょう。

内装のリフォームは、失敗すると現状復帰するために手間がかかる可能性が高いです。

(床材を貼り終えてから、やり直し・・ってかなり大変ですから・・)

初心者の方は、ホームセンターで担当の方に相談するのも有効です^^

自分だけでは気がつかなかった注意点を聞いちゃいましょう!

また、実際にDIYを行う時に、立会っていただけると心強いですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

お部屋の内装をDIYリフォームする際は、

・寸法をしっかり測る

・完成イメージを作成する

・詳しい人にアドバイスをもらう

この3つの点を取り入れてDIYをしてみてはいかがでしょうか?

 

接着剤なしで施工ができるフローリング

「リノーバタイル」の通販サイトはこちらから↓

 

フローリングDIY通販本店

 

◼︎こちらの記事もオススメです

→【賃貸物件のキッチンの床をDIYするならリノーバタイル

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします