今、お部屋のDIYをご自分で行うDIY女子が増えています。

例えば、お部屋をフローリングにする場合、オススメの床材をご紹介させていただきます。

1.クッションフロア(フローリング柄)

クッションフロアの中のフローリング柄の商品は、カットも簡単で施工もしやすいです。

塩ビ系の床材で、大きなシート状の商品から加工することができます。

薄手の床材なので、ハサミやカッターで簡単にカットすることができます。

出典:東リさま

幅広のシートなので継ぎ目が少なくて済みます。

また、水をこぼしても拭き取ることができます。

クッションフロアのメーカー毎にカタログがご用意されていますので、木目柄、石目調など、柄も多種多様です!

汚れがついてもサッと服きとって施工することができます。

ボンド施工と両面テープ施工がありますので、初心者にはやり直しが効く両面テープでの加工をオススメします。

今までクッションフロアのDIYの経験のある方や、DIY上級者にはボンド施工をオススメします。

穴が開いているなど、状況によっては重ね貼りをすることができます。

 

2.置くだけで施工できる樹脂性のフローリング

樹脂フローリングは、一般的な木製のフローリングと異なり、置くだけで施工することができます。

つまり、一般的なご家庭でのご利用であれば、ボンドや両面テープでの施工も必要ありません。

届いた大判のフローリングをカットして、置くだけで済んでしまいます。

また、木製のフローリングとは異なり、ガラス繊維層が入っていますので、熱による伸び縮みが小さくて済みます。

はじめて施工をする方でも、道具が揃っていて手際の良い方でしたら、

1部屋(約6畳)5〜6時間もあれば施工が済んでしまいます。

 

特に、フローリングDIY通販で販売している「リノーバタイル」は、床暖房に対応した商品で、防水機能が備わっていますのでジョイント部分から水が漏れることがありません。

キッチンや、洗面所などの水回りでも安心してご利用いただけます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

DIY女子が、フローリングを施工する場合は「クッションフロア」

または「樹脂フローリング」がオススメです!

 

女性でも簡単に施工ができる、リノーバタイルという樹脂製フローリングを扱っています。

お色確認用の無料サンプルをご用意しておりますので、本番前のお色確認の際にご依頼ください。

 

フローリングDIY通販本店

 

◼︎こちらの記事もオススメです

→【賃貸物件のキッチンの床をDIYするならリノーバタイル

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします