築年数が10年〜20年と経過してくると、賃貸物件の床も痛んだり汚れたりします。

クリーニング業者さんが入ったとはいえ、誰が使ったのかわからない床が最初から汚れていたら抵抗がありますよね。

そんな時は、接着剤を使わないフローリング「リノーバタイル」をご検討ください。

接着剤を使わないの床材を選ぶと、賃貸物件の現状復帰が楽!

「新しい賃貸物件を契約したけれど、築年数が長いから床がなんとなく汚い……」

「賃貸物件にいざ入居してみたら、床にシミがある……」。

このような思いをしている方も多いのではないでしょうか。以前誰が住んでいたかもわからずに、汚れている床をそのまま使いたくないですよね。

また、築年数が10年〜20年たった賃貸物件だと、床の汚れは避けられないでしょう。 「床が汚れているのは、しょうがない」と諦めるにはまだ早い!床が汚れているならば、その床を隠せばいいんです。床は部屋の雰囲気を大きく左右するといっても、過言ではありません。

どうせなら汚い床を隠して、きれいなにしてみてはいかがでしょうか。そこでオススメしたいのが、「リノーバタイル」です。 「リノーバタイル」は、簡単に敷き詰められるタイル型のフローリングです。

「リノーバタイル」を使う最大のメリットは、なんといっても接着剤を使わないこと。そのため、退居時にもとの状態に戻さなくてはならない賃貸物件でも、安心して使えるのです。用意する道具も少なく、Pカッター・カッター・プラスチックハンマー・アルミ定規・印つけ用のペンだけ。

どれもホームセンターなどで簡単に手に入れられます。 「リノーバタイル」は、接着剤や糊を使わずに、床にタイルを敷き詰めていきフローリングを作ります。力を使わずに施工できるのに、仕上がりはもとからあったフローリングのよう。誰でも手軽にDIYができますよ。

女性が4畳半分の「リノーバタイル」を敷き詰めると、だいたい3時間で終わります!

水回りでも使える防水仕様!抜群の寸法安定性!高品質なのに安い!

正直にいうと、接着剤を使わないタイル型のフローリングは「リノーバタイル」だけではありません。

他社からもこのような製品は発売されています。

しかし、慎重に検討をしないと後悔することになってしまいます……。なぜなら、防水性がなかったり、床暖房がある賃貸物件では使えなかったりする場合があるからです。

そこで、接着剤を使わないタイル型フローリングを選ぶ際のチェックリストを作りました。ぜひ、購入を検討するときに参考にしてくださいね。

【チェックリスト】

・接着剤や糊は不要か

・簡単に施工できるのか

・使う道具は少ないか

・施工をしてすぐに使えるか

・再使用は可能か

・リサイクルは可能か

・防水性能はあるか

・防音性能はあるか

・防炎性能はあるか

・耐久性はあるか

・床暖房に対応しているか

「リノーバタイル」であれば、これらのチェックリストをすべて満たしています。そのため、安心して使っていただけること間違いなし!自信を持ってオススメできる商品です。

今なら1ケース(約1畳)が6,600円と超特価!

メリットがたくさんある「リノーバタイル」ですが、なんと現在はオープニングセール中なので安い値段で購入していただけます。1ケース(1畳分)が6,600円!オープニングをした今だからこそ行えるセールのため、この機会に購入を検討してみてくださいね。

「リノーバタイル」は、繰り返し使えるため、次の賃貸物件でも利用していただけます。そのため、無駄にはなりませんよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「築年数が長くなり、床が汚くなってしまった……」「以前誰が住んでいたのかもわからない部屋で、汚れた床を踏みたくない……」という方は、「リノーバタイル」できれいなフローリングに変身させてみてはいかがでしょうか?接着剤を使わず敷き詰めるだけなので、誰でも簡単にDIYできます。

今なら安い「リノーバタイル」、一度サイトを覗いてみてくださいね。

 

フローリングDIY通販本店

 

◼︎こちらの記事もオススメです

→【賃貸物件のキッチンの床をDIYするならリノーバタイル

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします